2006年02月11日

2窯出しました

今月7日に、灯油と電気の窯を背中合わせに揺れるハート窯詰めしました。

灯油は私の作品がメインで「還元焼成」、電気の方は友人が借り「酸化焼成」です。

電気だと温度を設定し、スイッチポンで帰宅出来るので良いなぁ・・・と思いつつも

翌日の灯油窯で炎を見ながら窯を焚いているとき
やっぱり私は灯油窯の方が好きだなぁ〜〜って感じます。

rf12.jpg

この頃攻め焚きの真っ最中で、窯の温度は1220度くらい
窯の中は還元がかかりもわもわもやもやしているのがわかります。

2日かけてゆっくり冷まし、窯から出しました。
      
       rf.jpg

先生方に書いていただいた作品も、割れずに無事出てきたのですが
うっかり写真を撮るのを忘れて、先生にプレゼントしちゃったヨがく〜(落胆した顔)

手元にあるのだけですが、こんな感じになりました。
今のところは2枚とも飾り皿になっています♪

yume.jpg mut.jpg 


マグカップ類

mug.jpg


片口鉢 

ktk.jpg



酸化の窯にはやはり、織部の釉薬を使ってみたかったので
前回の失敗を踏まえて再挑戦しました。

ほとんどが織部のような気がしますが・・・・酸化の作品です。
      
       of.jpg


総織部の小鉢 (お茶碗にしようと思ったけれど、小さすぎたヨ)

orb.jpg


総織部の土鍋

donaori.jpg



posted by umy at 10:44| ☀| Comment(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

アートな作品に・・!?

先週から連日工房通いで、来週の本焼き作品の釉薬をかけています。

陶芸は、粘土をコネコネして作る時は楽しいのだけれど
いざ焼成をしようと釉薬をかける段階になると
あれこれ悩んでしまうのが素人たる所以。


今回作った中に、比較的大きめ?の皿が数枚あったので
工房の管理をしていらっしゃる先生方に
無理なお願いと分かりつつも、絵付けをしていただきましたわーい(嬉しい顔)


12月に油絵の個展を開いたばかりのM先生
さすがに筆を持つのは慣れていらっしゃいます^^
私の器の中にM先生の世界が現れました。

抽象画のとてつもなく大きな作品を描かれる先生に
小さな器では物足りなかったでしょうけれど

「とても楽しいわ」とおっしゃってくれたので
今回のコラボが成功するよう、焼成にもプレッシャーがかかります!

mutu.jpg


同じく工房でお世話になっているT先生の絵付けです。

分かりづらいでしょうけれど、小さな魚の群れを描かれていて
ところどころに色を付けています。

T先生もとても楽しんでくれたようなので
またお願いしちゃおうかなぁ〜〜と、思ったりして^^

 taka.jpg


最後は
以前クラフト工房の講師をされていた、I先生。

冬期間はほぼ毎日工房で作品つくりしています。
とても豪快な作品は先生のお人柄そのもの^^

先日工房に幼稚園児が見学に来たときに
子供達をロクロの回りに集め、まるで手品を見せるように
粘土の固まりから、色々な形に変化していく所を実演していました。

どの子も目をキラキラぴかぴか(新しい)と輝かせていましたよ。


で、

I先生の達筆な字で書いていただいたのが、こちらです。

busan.jpg


後は無事窯から出てくることを願うだけ・・・。

うまく焼き上がったら、後日UPしま〜すハートたち(複数ハート)

M先生、T先生、I先生、本当にありがとうございました。

posted by umy at 08:43| ☁| Comment(2) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

窯出し

数点だけですが、酸化で焼いた作品が出来上がりました。

いつもは還元ばかりなので、今ひとつ酸化の雰囲気が分からない私。

前回作った黒い土鍋とは、また少し違う雰囲気になったけれど
大きさも充分で、使い勝手は良さげに仕上がりました手(チョキ)

ポットの方はやはり「お飾り」でしょうか・・・。
かなり重たいデス・・・が、花瓶として使うには丁度良いかな。

donap.jpg


同じく土鍋用の粘土で作った「グラタン皿」
直火もOK、オーブンも対応なので
ハンバーグなどのグリル料理も、そのままテーブルへ〜
・・・と、使えるようにパンチ

  gura.jpg


今回初めての「織部釉」をかけてみました・・・。

全然思っていたような色にならず(悲)。。。やっぱり織部は難しいですふらふら

かなり厚く釉薬を掛けないとダメだということが判明。
これも何度も失敗を経験してこそなんですね。

少し薄い色のぐい飲みなどですが、優しい感じもまた良しひらめきと言うことで。

orib.jpg


今夜さっそく新しい土鍋で「ご飯」を炊いたグッド(上向き矢印)

  uokosi.jpg

お米はらんこさんからいただいて
大事にとっておいた「魚沼産コシヒカリ」ぴかぴか(新しい)

ピカピカのご飯にほんのり焦げ目も出来て

超 美味し〜〜〜〜い

思わず土鍋を娘にあげるのが惜しくなってしまったけれど
ご飯が美味しいのはお米のせいかしらあせあせ(飛び散る汗)

らんこさん揺れるハート美味しいお米をありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

posted by umy at 20:32| ☁| Comment(2) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

今度はキティのために

釧路在住時に近所の方が、山へ行って採取してきた
「カバノアナタケ」

P252iS0033620250.jpg

”はなこ”ちゃんに飲ませてあげてねと、いただいた。

はなこも乳腺腫が何度も出来たので、煎じて飲ませると
不思議と腫瘍が小さくなりました。

心臓の方までは効果が無かったのかも知れないけれど
温かい心使いが嬉しかったです。

さてさて 2週間前に手術した”キティ”ですが
本日病理検査の結果が出ました。

背中とお腹の部分の腫瘍を検査に出していました

結果 背中の方は良性だったのですが
残念なことにお腹からとった腫瘍の方は

肥満細胞腫で 悪性腫瘍でしたもうやだ〜(悲しい顔)

今回の手術でたぶん、切除されたものと思えますが
再発の恐れがあるので、今後も経過を見ていくことになりました。

これから、カバ茶を飲んで頑張っていこうね黒ハート


posted by umy at 14:28| ☁| Comment(4) | わんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

素焼き

2月の本焼きに向けて、素焼きの窯詰めをしてきました。

P252iS0033489214.jpg

今回は知人が予約した窯に入れて貰うので、少しですけれど
先日作った「土鍋」2つも、何とか乾燥に間に合い
バッチリと入れていただきましたパンチ
後は割れずに出てくることを祈るのみ。。。

26日に窯から出し、週末に「酸化」をする方に
土鍋を一つお願いする予定です。

どの釉薬をかけようか、、、ただいま悩み中で〜すー(長音記号1)

posted by umy at 09:37| ☁| Comment(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

遠方より友来る

亦楽しからずや ・・・

先週より「函館」から来客アリ。

転勤で滞在していた間、大変お世話になったご夫婦が
仕事を兼ねて遊びに来てくれました。
夫・私 ともに同じ年齢なので、話が合うのデス手(チョキ)

お互いに子供達も大きくなり、ゆっくりとお酒も飲めるようになりましたわーい(嬉しい顔)
まぁ・・昔もお互いの自宅で宴会していた訳ですがね・・・あせあせ(飛び散る汗)

久しぶり〜に雪の降る中「ススキノ」へ繰り出しました。
今年は中央区方面に雪が多いと聞いてはいたが
小路の雪の量にはびっくりしました。

それと、歩道と車道に大きな段差が出来ていて
(歩道にロードヒーティングが入っている為)
歩きにくいことこの上ない。

何度も転びそうになって、とっても危険です!!
これから「さっぽろ雪まつり」の季節
皆さんも札幌の町を歩く時は、充分気をつけて下さいね。

美味しい料理と楽しい語らいの宴は、いっとき寒さも忘れるほどでした揺れるハート


posted by umy at 09:29| ☁| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

見ないで下さい    byおつう

決して決して覗かないで下さい・・・・とは
言われなかったので(笑) 見てしまいましたヨ目

陶工房で時々お会いするOさんが

「これから”織り”の方が忙しくなるので
   しばらくは陶芸お休みになりそうだから
     工房の予約をキャンセルに来たところなの」と言うので

「え〜〜〜っ!織りって!?・・・いったい何作ってるんですかぁ!」と
好奇心旺盛なワタシなので、織り工房のお部屋を覗きに行ったところ。。。。

   
  トントントンと機を織っているではありませんか〜ぴかぴか(新しい)


まずは、綿を自分の使いたい色に染め、何日もかけて紡ぎ
更に数日かけて機織りに糸を通し
ようやく今日から織り始めたとのことです^^

幅50センチ弱で、5メートルの反物に仕上げるそうです。
更にそれを仕立てて、ご自分のジャケットを作るのですってexclamation×2

なんて素敵なのでしょう〜

いずれは家族全員の生地を織り、洋服を作りたいとおっしゃってました。


ワタシもやってみたい病になりそう〜(危


だから本当は・・・覗いてはいけなかったのね・・・ふらふら


隣の部屋に展示してあった、織物のネクタイが素敵だったので
いつかチャンスがあったら、講習受けてみよう〜〜〜っとひらめき

 ori.jpg
 
posted by umy at 22:23| ☁| Comment(3) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニカちゃん

バンビの姉妹のアニカちゃんと
ようやく並んで2ショット撮れましたパンチ

まりさんのぶろぐからいただいてきました〜まりさんありがとうデス。

2匹が兄弟だとは知らない人は、似ているのでびっくりするようです。
声はほとんど聞き分け出来ないです。

アニカちゃんが吠えていても、ついバンビを叱ってしまうし
まりさんも同じように間違えてるのです〜ぎゃはは

似てるでしょう〜〜〜わーい(嬉しい顔)

 aniban.jpg

posted by umy at 21:04| ☁| Comment(0) | わんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

ドナ ドナ ドナベ〜♪


ムコ殿からのリクエストで、土鍋を制作しました。

昨日ようやく削りと組み立てが終わり、ゆっくりと乾燥中ですぴかぴか(新しい)

それぞれ、本体に3`・蓋に2`の粘土を使用

来週素焼きして失敗がなければ、2月始めに本焼き予定です。

1回で成功すると良いなぁ〜〜〜パンチ

 donabe.jpg


いつもは電動ロクロで作品をつくっていますが

ちまちまと紐作りするのも好きで〜す^^

たぶん花入れにしかならないと思うけど、

ポットと・・・ペン立て?・・・かなわーい(嬉しい顔)

これもまだ乾燥中ナリ〜〜


 pot.jpg


posted by umy at 10:50| ☁| Comment(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

窯出し終了

本日午前中窯出しで〜〜すわーい(嬉しい顔)

工房に行ったら87度まで温度が下がっていたので
予定通り朝から作業出来ました^^

今回は電気の窯での還元です。

どちらかというと、灯油の窯で焼いた雰囲気が好きなのですが
どの窯でも焚けるようになれれば良いな〜と思っていたので
今回の電気窯での焼成は、とても勉強になりました。

還元焼成を始める時の、プロパンガス注入が怖い私・・・あせあせ(飛び散る汗)

安定した炎になるまでが難しいです。。。やはり経験が必要ですね。

1250度まで温度を上げ、還元を終えるはずが
うっかりガスを消し忘れた私のせいで
予定より長めに還元状態に・・・がく〜(落胆した顔)あぅ〜ごめんなさいふらふら・・・汗汗汗

今日はドキドキで窯の蓋を開けましたが
釉薬も流れたりせず、綺麗に焼き上がりました♪

良かった・・・です。ふぅ P252iS0032440706.jpg

マグカップ・スープカップ・大皿・豆皿などなどです黒ハート


posted by umy at 22:07| ☁| Comment(4) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。