2011年02月14日

大量生産中

ようやく仕事?開始


残り少ない時間の中で、どれだけ作れるかな。


110214_1352_0001.jpg
posted by umy at 13:58| 北海道 ☀| Comment(3) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

江別やきもの市


江別やきもの市が、7月10日11日の2日間開催されます^^


今年もみーこさんと二人で参加しま〜す!


アマチュア部門、「F298」で出店しています。


お時間がありましたら是非遊びにいらしてくださいね♪


http://www.yakimono21.org/ichi/
posted by umy at 09:55| 北海道 ☁| Comment(2) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

うつわ展終了

たくさんの方に足を運んでいただき、「うつわ☆ふたり展」が無事終了しました。


遠方からはるばる来てくださった方、数年ぶりに会う懐かしい方たち、初めてお会いする方々・・・そして器をお買いあげいただいた方、ありがとうございます。


たくさんの出会いと感動があり、またいろいろなお話も聞くことができ

ちょっぴり疲れたけれど、とても楽しく充実した6日間でしたるんるん


futari2.jpg







posted by umy at 00:00| ☁| Comment(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

うつわ展

お天気にも恵まれ、初日が無事終了いたしました^^


まだまだ寒い札幌ですが、展示会場は桜が満開ですョ。


残り5日間、頑張ってきます。



futariten.jpg hayashi.jpg







posted by umy at 07:22| ☁| Comment(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

うつわ☆ふたり展

utuwa1.jpg

4月に「みーこさん」とふたり展をします^^

いつか一緒に「ふたり展」が出来たら良いね〜って言っていましたが

こんなに早く夢が叶うとは思いませんでした。

何から何までみーこさんや、友人知人に助けていただいて

素敵なDMが出来上がりました、本当にありがとうございます。


展示会の日程です


2010.4.8(木)〜4.13(火)
  
11:00〜19:00(最終日は17:00) 
  
石の蔵 ぎゃらりぃ はやし
  
札幌市北区北8条西1丁目



もし、お時間がありましたら遊びに来ていただけると嬉しいです。
posted by umy at 06:59| ☁| Comment(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

工房完成

自宅をリフォームし、陶芸部屋も綺麗になりました^^

仕事がオフになったら、作品つくりに専念しましょ。


koubou1.jpg


koubou2.jpg






posted by umy at 09:36| ☔| Comment(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

2窯出しました

今月7日に、灯油と電気の窯を背中合わせに揺れるハート窯詰めしました。

灯油は私の作品がメインで「還元焼成」、電気の方は友人が借り「酸化焼成」です。

電気だと温度を設定し、スイッチポンで帰宅出来るので良いなぁ・・・と思いつつも

翌日の灯油窯で炎を見ながら窯を焚いているとき
やっぱり私は灯油窯の方が好きだなぁ〜〜って感じます。

rf12.jpg

この頃攻め焚きの真っ最中で、窯の温度は1220度くらい
窯の中は還元がかかりもわもわもやもやしているのがわかります。

2日かけてゆっくり冷まし、窯から出しました。
      
       rf.jpg

先生方に書いていただいた作品も、割れずに無事出てきたのですが
うっかり写真を撮るのを忘れて、先生にプレゼントしちゃったヨがく〜(落胆した顔)

手元にあるのだけですが、こんな感じになりました。
今のところは2枚とも飾り皿になっています♪

yume.jpg mut.jpg 


マグカップ類

mug.jpg


片口鉢 

ktk.jpg



酸化の窯にはやはり、織部の釉薬を使ってみたかったので
前回の失敗を踏まえて再挑戦しました。

ほとんどが織部のような気がしますが・・・・酸化の作品です。
      
       of.jpg


総織部の小鉢 (お茶碗にしようと思ったけれど、小さすぎたヨ)

orb.jpg


総織部の土鍋

donaori.jpg



posted by umy at 10:44| ☀| Comment(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

アートな作品に・・!?

先週から連日工房通いで、来週の本焼き作品の釉薬をかけています。

陶芸は、粘土をコネコネして作る時は楽しいのだけれど
いざ焼成をしようと釉薬をかける段階になると
あれこれ悩んでしまうのが素人たる所以。


今回作った中に、比較的大きめ?の皿が数枚あったので
工房の管理をしていらっしゃる先生方に
無理なお願いと分かりつつも、絵付けをしていただきましたわーい(嬉しい顔)


12月に油絵の個展を開いたばかりのM先生
さすがに筆を持つのは慣れていらっしゃいます^^
私の器の中にM先生の世界が現れました。

抽象画のとてつもなく大きな作品を描かれる先生に
小さな器では物足りなかったでしょうけれど

「とても楽しいわ」とおっしゃってくれたので
今回のコラボが成功するよう、焼成にもプレッシャーがかかります!

mutu.jpg


同じく工房でお世話になっているT先生の絵付けです。

分かりづらいでしょうけれど、小さな魚の群れを描かれていて
ところどころに色を付けています。

T先生もとても楽しんでくれたようなので
またお願いしちゃおうかなぁ〜〜と、思ったりして^^

 taka.jpg


最後は
以前クラフト工房の講師をされていた、I先生。

冬期間はほぼ毎日工房で作品つくりしています。
とても豪快な作品は先生のお人柄そのもの^^

先日工房に幼稚園児が見学に来たときに
子供達をロクロの回りに集め、まるで手品を見せるように
粘土の固まりから、色々な形に変化していく所を実演していました。

どの子も目をキラキラぴかぴか(新しい)と輝かせていましたよ。


で、

I先生の達筆な字で書いていただいたのが、こちらです。

busan.jpg


後は無事窯から出てくることを願うだけ・・・。

うまく焼き上がったら、後日UPしま〜すハートたち(複数ハート)

M先生、T先生、I先生、本当にありがとうございました。

posted by umy at 08:43| ☁| Comment(2) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

窯出し

数点だけですが、酸化で焼いた作品が出来上がりました。

いつもは還元ばかりなので、今ひとつ酸化の雰囲気が分からない私。

前回作った黒い土鍋とは、また少し違う雰囲気になったけれど
大きさも充分で、使い勝手は良さげに仕上がりました手(チョキ)

ポットの方はやはり「お飾り」でしょうか・・・。
かなり重たいデス・・・が、花瓶として使うには丁度良いかな。

donap.jpg


同じく土鍋用の粘土で作った「グラタン皿」
直火もOK、オーブンも対応なので
ハンバーグなどのグリル料理も、そのままテーブルへ〜
・・・と、使えるようにパンチ

  gura.jpg


今回初めての「織部釉」をかけてみました・・・。

全然思っていたような色にならず(悲)。。。やっぱり織部は難しいですふらふら

かなり厚く釉薬を掛けないとダメだということが判明。
これも何度も失敗を経験してこそなんですね。

少し薄い色のぐい飲みなどですが、優しい感じもまた良しひらめきと言うことで。

orib.jpg


今夜さっそく新しい土鍋で「ご飯」を炊いたグッド(上向き矢印)

  uokosi.jpg

お米はらんこさんからいただいて
大事にとっておいた「魚沼産コシヒカリ」ぴかぴか(新しい)

ピカピカのご飯にほんのり焦げ目も出来て

超 美味し〜〜〜〜い

思わず土鍋を娘にあげるのが惜しくなってしまったけれど
ご飯が美味しいのはお米のせいかしらあせあせ(飛び散る汗)

らんこさん揺れるハート美味しいお米をありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

posted by umy at 20:32| ☁| Comment(2) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

素焼き

2月の本焼きに向けて、素焼きの窯詰めをしてきました。

P252iS0033489214.jpg

今回は知人が予約した窯に入れて貰うので、少しですけれど
先日作った「土鍋」2つも、何とか乾燥に間に合い
バッチリと入れていただきましたパンチ
後は割れずに出てくることを祈るのみ。。。

26日に窯から出し、週末に「酸化」をする方に
土鍋を一つお願いする予定です。

どの釉薬をかけようか、、、ただいま悩み中で〜すー(長音記号1)

posted by umy at 09:37| ☁| Comment(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

ドナ ドナ ドナベ〜♪


ムコ殿からのリクエストで、土鍋を制作しました。

昨日ようやく削りと組み立てが終わり、ゆっくりと乾燥中ですぴかぴか(新しい)

それぞれ、本体に3`・蓋に2`の粘土を使用

来週素焼きして失敗がなければ、2月始めに本焼き予定です。

1回で成功すると良いなぁ〜〜〜パンチ

 donabe.jpg


いつもは電動ロクロで作品をつくっていますが

ちまちまと紐作りするのも好きで〜す^^

たぶん花入れにしかならないと思うけど、

ポットと・・・ペン立て?・・・かなわーい(嬉しい顔)

これもまだ乾燥中ナリ〜〜


 pot.jpg


posted by umy at 10:50| ☁| Comment(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

窯出し終了

本日午前中窯出しで〜〜すわーい(嬉しい顔)

工房に行ったら87度まで温度が下がっていたので
予定通り朝から作業出来ました^^

今回は電気の窯での還元です。

どちらかというと、灯油の窯で焼いた雰囲気が好きなのですが
どの窯でも焚けるようになれれば良いな〜と思っていたので
今回の電気窯での焼成は、とても勉強になりました。

還元焼成を始める時の、プロパンガス注入が怖い私・・・あせあせ(飛び散る汗)

安定した炎になるまでが難しいです。。。やはり経験が必要ですね。

1250度まで温度を上げ、還元を終えるはずが
うっかりガスを消し忘れた私のせいで
予定より長めに還元状態に・・・がく〜(落胆した顔)あぅ〜ごめんなさいふらふら・・・汗汗汗

今日はドキドキで窯の蓋を開けましたが
釉薬も流れたりせず、綺麗に焼き上がりました♪

良かった・・・です。ふぅ P252iS0032440706.jpg

マグカップ・スープカップ・大皿・豆皿などなどです黒ハート


posted by umy at 22:07| ☁| Comment(4) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

強制乾燥中

 magmag.jpg

マグカップを1ダースほど作成しました。
暖房のパネルの上に仲良く並んで、ただいま乾燥中ひらめき

ハンドル(持ち手or取っ手)付けが嫌いな私なのですが
苦手意識を克服しようと思い
マグカップやスープカップなどなど、頑張ってみました。

T先生曰く
「ハンドルを見れば、プロと素人の違いがはっきりと分かります」
ですって。。。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

さりげなく付けるのって、ほんと難しいですふらふら
でも、頑張るしかないのだ!




posted by umy at 16:37| ☁| Comment(2) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

焼いていただきました

お陰さまで環境に恵まれ、今年も穴窯や登り窯にお誘いいただき
私の作品もあちこちで焼いていただきました。

初夏に”芸術の森”の穴窯で、焼いていただいたのです・・・が

先生曰く
焼きがあまかったのでもう一度窯に入れるから・・
「ふれあいの森」にある穴窯にて、2度目の焼成を終え
なんとか無事手元に戻ってきた子たち・・・

よ〜く焼けて帰ってきましたヨわーい(嬉しい顔)

P252iS0026018139.jpg P252iS0011600194.jpg

手捻りで作った”三つ足の取り皿”と”花器”です。
取り皿にはこの夏「枝豆」が入りましたビール
花器には小さな高山植物を植えてあります。

自然釉だから素朴な感じが良いかな・・と思います^^



こちらは、小平町の登り窯に入れていただいた花入れです

  P252iS0027197769.jpg

過去日記にも書きました・・・素焼きで壊れてしまった作品です。
応急手当で出発しましたが、やはり無理でした・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

でもまぁ、遠くから見たらあまり分からないかも。。。ね
ちょっとイメージと違って戻ってきたけれど
大きめで存在感がありますので、今は玄関横に飾っていますひらめき
posted by umy at 16:14| ☁| Comment(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

ミニミニオフ会

ネットを通じて広がった、陶芸仲間との一年に一度の再会の日。
なぜかこのくらいの時期に、3人で会っているような気がしますね。

初孫誕生で大わらわのkazueさんと
芸森で陶芸を始めるきっかけをつくってくれたみーこさん♪

不思議と1年ぶりに会っても話が弾み、あっという間に時間が過ぎてしまうのが悲しい。

まずはホテルの”ランチバイキング”で腹ごしらえをした後
私もお世話になっている、谷口先生の個展を見に行きました。

今回は穴窯作品ばかり集めた展示会です
”器”あり”オブジェ”あり、素晴らしい作品を拝見!!
たっぷりと目の保養をさせて貰いました。

  P252iS0024904017.jpg

その後
野良窯のYASUさんの個展を見に、「TENSTONE」へ移動。

久しぶりに歩く狸小路・・・すっかりとお店が入れ替わってしまって
あっちきょろきょろ、こっちきょろきょろ
きっと観光客に間違われたに違いないですね。

素晴らしいクレイアートの作品を拝見したり・・・
作家さんと直にお話して、作陶行程を教えていただいたり・・・
美味しいお茶をご馳走になったり・・・

と〜っても有意義な時間を過ごすことが出来ました^^
本当にありがとうございました。

そうして3人でお茶をいただいている時、すぐ近くから
聞き覚えのある耳笑い声が聞こえてきたんですexclamation×2

なんとなんと!私の大好きなラジオ番組(北海道のみローカルですが)
hbcラジオ カーナビラジオのパーソナリティ「田村美香」さんに遭遇!
きゃぁきゃぁ〜ハートたち(複数ハート)

とっても気さくな方で、快くみんなと撮影に応じてくれましたヨ。
美香ちゃん、ありがとうございました〜

  P0102.jpg


楽しい時間は あっという間に過ぎ去ってしまいます。
大通りのイルミネーションの下を歩き、少し寒くなった身体を喫茶店で温め
また来年の再会を約束してお別れしましたぴかぴか(新しい)

これからも素敵な出会いがありますよう〜今日お会いしたたくさんの方々に感謝。











posted by umy at 10:50| ☔| Comment(2) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

窯出し終了

どうしてももう一度やってみたかった”炭化焼き”
先生に無理を言ってお願いしたけれど、ほんとうに良かった

窯から出てきた作品を見たとき
自分で焚いた時とは明らかに違っていました。

温度・炭の量・時間・気候
窯のどの場所に置くか・・・など
毎回同じように焼いても、二度と同じ作品は生まれてこないから
難しくもあり、面白くて飽きないところなのでしょう。

一つ二つ手元に残し、後は頼まれていたのでお嫁入りとなる予定
でもまたいつか挑戦してみたくなりました。

フリーカップ

 P252iS0024248611.jpg  P252iS0024183073.jpg

お地蔵さん

 P252iS0024117533.jpg
posted by umy at 17:22| ☁| Comment(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

大皿は難し〜い

P252iS0022282596.jpg

2`強の粘土から、大皿をひいて焼成しました。
練習のつもりで作ってみましたが、縦横のバランスがやはり難しいです。

自分では大きく作ったと思っていましたが
窯から出てきた時には、直径29センチの仕上がりに。

それでも今までロクロ作りした中では、一番の大きさかしら。
初めての成形なのだから、良しとしなくては〜ネ!


         P252iS0023003510.jpg

    こちらは芸森でお世話になっている、「M先生」の大皿です。
    直径32センチあります、存在感ありますね。
    さすがデス。
    このお皿を目標に日々頑張っていきませう♪


P252iS0021889375.jpg

18センチ 刷毛目の取り皿です。
底が平らになっているので、色々と使い勝手が良いと思います。
たぶんね、ppp

     
P252iS0021758301.jpg

これも刷毛目の フリーカップ。
11月の炭化焼き用に作ったのですが、窯に余裕があったため
窯の隅っこに置いて焼成。
温度が低かったので、焼きが少し甘かったです。






posted by umy at 09:50| 🌁| Comment(2) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

窯焚き終了

窯出しは明日の朝の予定ですが、取りあえず無事終わりました。

原油高騰の煽りを受けて、芸森の灯油窯も11月から1gあたり
4円値上げの60円になるとのこと。
今度から電気の窯に変更しようかな・・・もうやだ〜(悲しい顔)

冬期間の暖房に燃料がかかる北海道としては
寒〜〜い冬になりそうだ。

いつもは1250度まであげるのだけれど
15度ほど温度を高くして、練らしを終了してみました。
釉薬が流れすぎていないことを祈るのみ。。。デス

P252iS0020382066.jpg

窯を焚いている間、お地蔵さんの作り方を教えていただき
小さいのを一つだけ作ってみましたよ。

とても楽しかったので、来月の”炭化焼き”の窯に入れる分を
いくつか作ろうと思いま〜すわーい(嬉しい顔)



posted by umy at 07:25| 🌁| Comment(3) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

おしゃべりな器

P252iS0013435214.jpg

わたしは片口が好き。
意味もなく口を付けるのが好き。

まあるい器に指でひょいと口をつけると
表情が出て面白い。
今にも喋り出しそうな気がする^^

我が家では、毎日の食卓に必ず片口が登場します。



P252iS0013369677.jpg


定番の片口です^^
もういくつ作ったか分からない。

とっても使いやすいと評判の器なんですヨ♪
posted by umy at 18:50| ☁| Comment(4) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

川柳

P252iS0012321101.jpg

らんこさんが素敵な川柳ひらめきを作ってくれたので
器に書いてプレゼントしました。

ところが、、、、写真を撮らずに送ってしまったので
手元に画像がありません。。。

今度画像送って下さいね〜〜〜らんこさん黒ハート

欠けた器に試し書きし、焼いてみましたが、、、
これじゃぁ、ほんとうに「がらくた」ですねもうやだ〜(悲しい顔)


posted by umy at 11:16| ☁| Comment(2) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。